• トップ
  • 公演情報
  • チケット申し込み
  • 所属
  • 会社案内
  • これまでの公演
  • お問い合わせ
  • グッズ販売

田中 由也(バリトン)(Yoshinari Tanaka)

兵庫県西脇市出身。大阪音楽大学卒業。同大学院修了。

本格的なオペラデビューは故朝比奈隆指揮の「ドン・カルロ」のロドリーゴの大抜擢である。

以後数多くのオペラの主役を演唱している。

最近ではミュージカルの分野にも進出し,特に「レ・ミゼラブル」(コンサート形式全国巡業中)のジャン・ヴァルジャンやジャベールで活躍中。

コンサートの分野でも,ベートーヴェンの「第九」「荘厳ミサ」
モーツァルトの「レクイエム」「戴冠ミサ」
フォーレの「レクイエム」ハイドンの「テレジアミサ」
ブルックナーの「ミサ第三番」
ヴェルディの「レクイエム」バッハの「ロ短調ミサ」等の数多くのソリストを務めている。

合唱の世界でも精力的に活動しており,混声合唱団カメリア。西山ハニーコール。天王寺区民合唱団の指導。

大阪、神戸両フロイデ合唱団のヴォイストレーナーを務めている。

また、NHK全国学校音楽コンクールをはじめ、各種コンクールの審査員を務めている。

平成元年度文化庁国内研修生。関西を代表するバリトン歌手の一人である

現在,大阪音楽大学教授。特定非営利活動法人 関西芸術振興会・関西歌劇団副理事長