• トップ
  • 公演情報
  • チケット申し込み
  • 所属
  • 会社案内
  • これまでの公演
  • お問い合わせ
  • グッズ販売

夏の夜の夢

作品内容
アテネ公爵シーシュースは、アマゾン国女王ヒポリタとの婚儀を間近に控え、浮き立つ気持ちをおさえきれずにいた。
そこへ貴族イージーアスが娘ハーミアを連れてやってくる。彼女は父の薦めるディミートリアスとの結婚をかたくなに拒んでいた。
アテネの古い法律に則って父の言うとおりに結婚しなければ死刑ないし一生独身だと、シーシュースに言い渡されたハーミアは、恋人のライサンダーとアテネ郊外の森で落ち合い、駆け落ちすることに決める。
幼なじみのヘレナにだけはこの約束を打ちあけた。しかしヘレナは、ハーミアが拒むディミートリアスに想いを寄せており、二人の駆け落ちの秘密をディミートリアスに教えてしまう。こうすれば、二人を追って行くディミートリアスに森で会えると思ったのだ。
街では、公爵の結婚式で芝居を披露するために機織職人のボトムや大工のクインスら6人の職人仲間が集まっている。
配役を決め、練習のため翌日の夜、森で集まることにする。かくして、10人の人間が、夏至の夜に妖精の集う森へ出かけていくことになった。
一方その森では、妖精の王オーベロンと妖精の女王タイテーニアがインドから連れてきた小姓のことでケンカをしていた。
機嫌を損ねたオーベロンはいたずら好きな妖精パックを使って、タイテーニアのまぶたに媚薬をぬらせることにする。
キューピッドの恋の矢の魔法から生まれたこの媚薬は、目を覚まして最初に見たものに恋してしまう作用がある。
パックの勘違いで森で眠っていたライサンダーとディミートリアスにもこの媚薬を塗ってしまったことで、ライサンダーとディミートリアスがヘレナを愛するようになり、ハーミアたち4人の関係があべこべになってしまった。
また、森で稽古している職人たちを見かけたパックは、いたずらでボトムの頭をロバに変えてしまう。
目を覚ましたタイテーニアは一目見てロバの頭をしたボトムに惚れてしまう…。

演出:山本一慶
衣裳:Charles Cheese Cake

出演
ライサンダー(ハーミアを恋する若者)          瑛
ディミートリアス(イージーアスの決めたハーミアの許嫁) 橋本真一
ハーミア(イージーアスの娘、ライサンダーを恋する乙女) 杉山真宏
ヘレナ(ディミートリアスを恋する乙女)         安井一真

パック(いたずら好きの妖精)              谷水力
オーベロン(妖精の王)                 寿里 
タイテーニア(妖精の王女)               KIMERU

東京公演:5月19日(水)~5月23日(日)
会  場:六行会ホール

大阪公演:6月4日(金)~6月5日(土)
会  場:メイシアター中ホール

チケット:S席 9,900円
     A席 7,700円 (税込み・全席指定)

毎回アフタートークがあり、全ての回に山本一慶が登壇します。
※アフタートークの詳細は追ってご案内申し上げます。

☆アーティストジャパン先行 2月8日(月)10:00~
☆一般前売り 3月8日(月)
※詳細は追ってご案内申し上げます。

※政府・自治体のガイドラインに沿って、新型コロナウィルス感染予防対策を行いの上、上演実施させていただきます。
※出演者が変更になる場合がございます。その場合の払い戻しはいたしませんので予めご了承ください。
※今後の新型コロナウィルス感染拡大状況によって開演時間が変更になる可能性がございます。
※公演中止など主催者がやむを得ないと判断する場合以外の払い戻しはいたしません。

関連するお知らせ一覧